晴れた日の毛づくろい。 #neko

晴れた日の毛づくろい。 #neko

Tags: neko

ふかふかくろ猫。 #neko

ふかふかくろ猫。 #neko

Tags: neko

お好きな灯籠の上に。 #neko

お好きな灯籠の上に。 #neko

Tags: neko

もあっとらの影絵。右が、あたまです、一応。 #neko

もあっとらの影絵。右が、あたまです、一応。 #neko

Tags: neko

日差し和らいで、窓辺快適。 #neko

日差し和らいで、窓辺快適。 #neko

Tags: neko

ここが好き。 #neko

ここが好き。 #neko

Tags: neko

怪しい物はまず飲んでみる、が基本。

怪しい物はまず飲んでみる、が基本。

今年最初で最後だろう、海!

今年最初で最後だろう、海!

早くも、おひる。

早くも、おひる。

カレー沢薫(2014)『負ける技術』講談社

カレー沢薫(2014)『負ける技術』講談社 読了。

「勝負」の前提を取り払った後、
自分でルールを定め直してなお完膚なきまでに叩きのめされて負ける、
ハイレベルな技術を追求する本。

高校野球の地方予選風のスコアにしてみるとこういう感じだ(個人の感想です)。
カレー|00000
リア充|01058×(5回コールド)
(カレー沢攻撃時は無死満塁から)
(リア充攻撃時は二死走者なし2ストライクから)
(観客:0人)

「初回は0点で抑えた」「自軍攻撃時全員を残塁させた」「5回で終えた」あたりが
本書のテーマに通じるかと思うがどうか(個人の感想です)。

敗北のエピソードとともに、とっても的確で鋭い目と表現力を持っていることを感じる。
「「スイーツ(笑)」と言っているほうはほぼ一日中パソコンの前から動かないで「ピザポテト(笑)」を食べている連中である」(p182)とか、
黒歴史の上の「無歴史」(p230)、など、
なんちゃら規制がかかるまえに自害するとこまでネタになるくらいの鋭利さ。

巷にあふれるリア充(そういうイメージの人)や財界人ふうの「勝者」よりも、
(穿っているとか言われるに違いないが)人をよく観察してることが伝わってくる。
細々と、裕福にならない程度に負けつづける姿を公開し続けて欲しい。

http://www.honzuki.jp/book/220318/review/126188/