カレー沢薫(2014)『負ける技術』講談社

カレー沢薫(2014)『負ける技術』講談社 読了。

「勝負」の前提を取り払った後、
自分でルールを定め直してなお完膚なきまでに叩きのめされて負ける、
ハイレベルな技術を追求する本。

高校野球の地方予選風のスコアにしてみるとこういう感じだ(個人の感想です)。
カレー|00000
リア充|01058×(5回コールド)
(カレー沢攻撃時は無死満塁から)
(リア充攻撃時は二死走者なし2ストライクから)
(観客:0人)

「初回は0点で抑えた」「自軍攻撃時全員を残塁させた」「5回で終えた」あたりが
本書のテーマに通じるかと思うがどうか(個人の感想です)。

敗北のエピソードとともに、とっても的確で鋭い目と表現力を持っていることを感じる。
「「スイーツ(笑)」と言っているほうはほぼ一日中パソコンの前から動かないで「ピザポテト(笑)」を食べている連中である」(p182)とか、
黒歴史の上の「無歴史」(p230)、など、
なんちゃら規制がかかるまえに自害するとこまでネタになるくらいの鋭利さ。

巷にあふれるリア充(そういうイメージの人)や財界人ふうの「勝者」よりも、
(穿っているとか言われるに違いないが)人をよく観察してることが伝わってくる。
細々と、裕福にならない程度に負けつづける姿を公開し続けて欲しい。

http://www.honzuki.jp/book/220318/review/126188/

ピーター・ミラー(著), 土方奈美(訳)(2010)『群れのルール』東洋経済新報社

ピーター・ミラー(著), 土方奈美(訳)(2010)『群れのルール』東洋経済新報社 読了。

昆虫や鳥を例に、群れの仕組みと機能を概説する本。

観察と実験を基に、意思決定や協調行動、多様性をひも解いていく。

簡単に人間社会に対して適用できるもんではないと思うが、
人間や社会も「群れ」として眺めることができる。
その上でどの辺が人間らしさであったりするのか(昆虫や鳥とはどこらへんが違うのか)、
考えながら読む時間を楽しめた。

「個」か「集団」か。
ベストの回答は出るもんではないが、ひょっとしたら「どっちも!」の可能性が残ってる。
「群衆の叡智」は、ことばのイメージよりも実例で突き詰めると希望が見える。

まだまだ前進してる、現在進行形の領域ってことも伝わってきた。
この分野を、もっと知りたい、と思えた。

万城目学(2013(2010))『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』角川文庫

万城目学(2013(2010))『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』角川文庫 読了(Kindle版)。

かっこいい。マドレーヌ夫人も、かのこちゃんも。
ぜひ猫語部分の全編を字幕つきで映画にしてほしい。。。

マドレーヌ夫人は猫だけれど、「尊敬する人」で出せるくらいにかっこいい。
登場から去り際まで、どこまでも猫らしい。
愛情とか、友情とか、あとはお別れの流儀。
全部持ってる、あのにゃーは。

そしてかのこちゃん。
私は純真無垢な小学生からは程遠いガキだったし小学校は大嫌いだったし小学生は今でも嫌いなのだが(笑)、
かのこちゃんの様子を読むとフィクションながら「こんなこと考えてるのか…!」とか感心せざるを得ない。

こんなふたりは、
手の届かないところのような、それでいてすぐそこらへんにもいそうな気もして。
マドレーヌ夫人を探して歩いてみようかね。

http://www.honzuki.jp/book/203388/review/126113/

高安厚思(2013)『システム設計の謎を解く』ソフトバンククリエイティブ

高安厚思(2013)『システム設計の謎を解く』ソフトバンククリエイティブ 読了(Kindle版)。
むしろ今やメジャーになったSEの職種のノウハウが、ほとんど出回ってない(気がする)ことが謎で仕方がない。

受託システム開発でやってく内容は網羅できてると思う。
中には見たことのない書式の資料もあったが、おそらくは現場それぞれの違い・独自性・文化、と呼べる程度に収斂するだろう誤差の範囲。

謎ってほどの謎はないような気はする。ほんと、本として希少なことが一番謎。

SEが「技術は自分で腕を動かして覚えろ」と「口伝」でしかノウハウ蓄積されないのだとすれば、
システムってなんなんだろう、と
思わずにはいられない(体育会系の中でも、とりわけ頭の弱い方っぽすぎる)。

全部が役に立たなくてもよいので、ひととおり、抑えてはおきたいかな。
ラブリーウシ猫光る。 #neko

ラブリーウシ猫光る。 #neko

Tags: neko

駅前のアイドル(もっちり)。 #neko

駅前のアイドル(もっちり)。 #neko

Tags: neko

足もとちらり。 #neko

足もとちらり。 #neko

Tags: neko

うん、壁際で横になるの落ち着くね。 #neko

うん、壁際で横になるの落ち着くね。 #neko

Tags: neko

黒のようなグレーのような。 #neko

黒のようなグレーのような。 #neko

Tags: neko

すやっすや。 #neko

すやっすや。 #neko

Tags: neko